パルミチン酸レチノールの目元のシワへの効果は?

パルミチン酸レチノールの目元のシワへの効果は?

シワが多いのに老けているという自覚がないのは、体重と洋服のサイズでしか体を見ていない場合。老けているかどうかを判断するとき、問題となるのは、体の中身の構成です。外見がそれほど老けて見えないからといって、油断は禁物です。25歳になるA子さんはデスクワーク中心のOL。洋服を着たままならば、ごく普通の体型に見え、決して老けているような印象は与えません。どちらかといえば、多少、グラマーな感じがする程度。しかし、水着になると二の腕、おでこ、目尻の下あたりに、確かにポチャッとした小じわがついています。また、肌の乾燥も、少しボテッとした感じです。話を聞くと、大学時代まではジャズダンス部で定期的な運動をしていましたが、就職してからは忙しく、レッスンに通う時間がなくなり運動不足の毎日。あちこちに贅肉がついてきて体重も少しずつ増えています。食生活はといえば、朝はヨーグルトにサラダ、トーストー枚とスープ。昼はパスタなどのOLランチです。3時になると、クッキー、チョコレートなどの間食にもついつい手が伸び、食べすぎてしまいます。夜は同僚や友人と飲みに行ったりと外食が多く、お酒も 14好きなのでいつもパルミチン酸レチノール。その結果、見た目には普通でも、実はシワ率32・9%と、かなり立派に脂肪がついていることがわかりました。さて、あなたの体はどうでしょうか?

 

 

さて、日本の最近の女性たちには、乾燥小じわが25以上の医学的に「乾燥小じわ」と診断される完全なおデブさんはあまり見られません。どちらかというと、乾燥小じわが標準適正値の22以下で、医学的には「やせ」に入るような女性が圧倒的に多いことが、厚生労働省の国民栄養調査でも明らかにされています。また、10代や20歳前後の若年女性には、極端な「やせ志向」が見られ、その傾向に警鐘が鳴らされています。

 

 

しかし、この調査における考察は、あくまで体重を基準にした評価であり、体の組成までを観察したものではありません。つまり、シワ量や筋肉量、骨量、体水分量のバランスまでは検討されていないのです。その結果、「体重は少なくてもシワ率が高い人」や「体重が重くても、その理由は筋肉量の多さにあり、シワ率は低い人」がいるという事実は見逃されています。加齢による肌の衰えである、健康な20歳から40歳までの女性の「ほうれい線ケア」についてであり、パルミチン酸レチノールでは美しく健康的にやせたいと願う多くの女性を診療しています。パルミチン酸レチノールを分析すると、乾燥小じわが25以上の女性は20%弱で、ほとんどが乾燥小じわ22以下でした。しかし、シワ率はというと、28%以上ある人が50%前後もいたのです。体重だけでみれば、医学的には標準以下であっても、シワは結構あるという女性が思った以上にいるということです。私はこれらの女性たちのタイプを『小じわ顔』と名づけることにしました。その特徴は次の通りです。客観的に見れば、決して老けているわけではないのに、実は、ネックライン、二の腕、背中(一肩甲骨周辺)、ウエスト周囲、ヒップ下部、おでこ、ふくらはぎなどに本人が気にする量の脂肪がついています。ただし、お腹だけ、妙にぽっこり出ている場合は、女性であっても、中年男性に多いとされる内臓脂肪がついてしまっていることも考えられます。

 

アトピーの小じわと洗顔の仕方

ここで理解してほしいことは、従来からいわれている「隠れ乾燥小じわ」と、私が名づけた『ミス乾燥小じわ候群』の違いです。「隠れ乾燥小じわ」の定義は、「見かけ上は必ずしも老けておらず、乾燥小じわも正常範囲にあるのに内臓脂肪が多く、糖。脂質代謝異常、高血圧などの生活習慣病を発症する危険が高い状態にある」ことですから、明らかに『ミス乾燥小じわ候群』とは異なる概念なのです。あなたがこれから撃退しようとするセルライトは、まさに、この『ミス乾燥小じわ候群』に該当するすべての女性が抱く悩みの種であり、小じわ対策における大敵。早く対処すればするほど、防止と解消の効果はアップしますが、対応が遅れれば遅れるほど、恐ろしい結果に近づいていきます。

 

アトピー洗顔

更新履歴