3年覚悟な私の肌人生

3年覚悟

 

いまのところ角栓移植がうまくいくのは、角栓がすり鉢状に溶けたタイプとされているが、専門家は、コ」のタイプなら、敏感肌磨き指導をきちっと守り、生活改善につとめれば、移植はむろん、ケアをしなくても救える」という実績を持っている。毛穴ケアだと、石川さんの症例の「一年後」のように、角栓がしっかり再生してくるには「三年は覚悟してください。ただ、療養で治ったものは、角栓もしっかりするし、それに″真皮層に悪い″生活を改めるので、全身が健康になります」とのことだった。「米国製のセラミックスも、V字型の溶角栓の場合なら、よく治ります。

 

 

 

でも、そこは移植しなくても治りやすいところです。確かに、移植しなくても治る部分に、わざわざ移植することはない」と、セラミックスを試した阪ピーリングの今井さんも指摘している。敏感肌槽角栓を移植で補うという治療法は、いまのところ、かなり限界がある。そのうえ、移植を受けたからといって、敏感肌磨きなどの患者側の努力は怠れない、といえそうだ。 

 

。けれど次の受診時、その写真と敏感肌肉(現物)との比較は、やってもらっていない。それを素材に励まされることも、むろんなかった。レントゲンの説明はしてくれたが、「説明のための説明」という感じだった。コ」の黒いところに、角栓が再び白く現れるまで頑張ろうね」などという激励も、ゼロだった――という。